KEEP LEARNING

情報処理の学習

2020-07-08から1日間の記事一覧

可変区画方式とは?

可変区画方式とは? 可変区画方式とは主記憶領域を区画であらかじめ分割しプログラムの実行に際して必要な分だけを主記憶領域にロードする方式です。 主記憶にロードされたプログラムは不要になると解放されますが、ロードしているプログラムと1区画領域の大…

スワッピング方式とは?

スワッピング方式とは? スワッピング方式とは主記憶上のデータを補助記憶間で移動することで主記憶領域以上の格納領域を確保する技術です。 スワップアウト 主記憶から補助記憶に移すことを意味します。 スワップイン 補助記憶から主記憶にロードすることを…

オーバーレイ方式とは?

オーバーレイ方式とは? オーバーレイ方式とはプログラムをセグメントで分割し、必要なセグメント(プログラム)だけを主記憶にロードすることで主記憶領域以上の大きさのプログラムを実行可能とする技術です。 参考資料まとめ プログラミングの勉強メモ progr…

デュアルシステムとは?

デュアルシステムとは? デュアルシステムとは複数のコンピュータを用意し、二つのコンピュータが同じ処理(同期)をさせることで片方の障害時、瞬時に切り替えることを目的とした構成。 プライマリ、セカンダリ構成として、プライマリに障害が発生した場合は…

デュプレックスシステムとは?

デュプレックスシステムとは? デュプレックスシステムとはコンピュータを2台用意し片方は稼働させ、もう片方は障害時に備え待機させておく仕組みのことです。 コンピュータの性能向上は目的としておらず、稼働率を下げないことを目的にしています。 ホット…

タンデムシステムとは?

タンデムシステムとは? タンデムシステムとはコンピュータを直列に繋げることで処理を分散させ負荷分散や処理能力向上を目的とした構成です。 直列に繋ぐので、冗長化が目的ではありません。 参考資料まとめ e-Words e-words.jp

フォールトアボイダンスとは?

フォールトアボイダンスとは? フォールトアボイダンスとは障害の発生をできるだけ回避する設計であり、また、信頼性の高い機器を使用する等を実施し、信頼性を高める考え方です。 フォールト(障害)アボイダンス(回避) フォールトアボイダンスは障害を回避 …

フールプルーフとは?

フールプルーフとは? フールプルーフとは 利用者は操作を誤ることを前提に利用者が操作を誤っても致命的な障害を発生させないようにする設計のことを言います。 参考資料まとめ i-learning www.i-learning.jp e-Words e-words.jp

フェールセーフとは?

フェールセーフとは? フェールセーフとは機器に誤作動が誤操作が起きることを前提に誤動作が発生した時に自動的に安全な状態に移行させる設計方法です。 参考資料まとめ ITをわかりやすく解説 medium-company.com e-Words e-words.jp

フェールソフトとは?

フェールソフトとは? フェールソフトとは機器の故障を前提に機器が故障した場合は故障機器を切り離したりして、性能を落としてでもシステム全体を停止させない設計方法です。 参考資料まとめ ITをわかりやすく解説 medium-company.com